ベトナムのハノイ、ダナン、ホーチミン、カンボジアのシェムリアップにあるスパの予約専門サイトです。
ツアー予約とレストラン情報も満載!

ハノイは四季がある!天気・気候・服装を徹底紹介!


ハノイは四季がある!天気・気候・服装を徹底紹介!

日本とは気候の違う異国を訪れるさい、旅行者が気を付けなければならないことのひとつが服装です。一般的に南国のイメージがあるベトナム。ですが、南北に長い国土を持っているため、地域によって気候が大きく異なっているので注意が必要です。とくに北部にある首都・ハノイには四季があり、南国といえども冷え込むことがあるのです。

そこでここでは、ハノイ旅行での理想的な服装についてご紹介していきます。

ベトナムの北部「ハノイ」には四季がある

ハノイ旧市街の様子

ハノイの季節は南部ホーチミンと同じように、乾季と雨季に分かれています。けれども実際には、かなり大きく気候が違います。

乾季は11月から4月、雨季は5月から10月くらいまで。日本のようなはっきりとした春夏秋冬はありませんが、乾季と雨季のあいだの11月が秋、12月~2月が冬、3月と4月が春にあたるとされています。

くれぐれも半袖短パンミニスカートで来ないように

注意が必要なのは、ハノイの朝と晩は乾季と雨季にかかわらず冷え込むということ。そのため、一年中通して上着を持っていくのがおすすめです。現地で調達することもできますが、あらかじめ準備しておくと安心です。

とくにニンビン省やハロン湾、サパといった郊外の観光エリアは冷え込みが強いので、しっかりとした服装の準備が必要となるでしょう。

乾季のハノイでの服装

ハノイ旅行は服装に気を付けて

ハノイの乾季、11月から4月くらいまでは、ひとことでいえば寒いです。とくに1月と2月あたりの朝晩は10℃を下回ることも。日本の冬よりも湿度が高いので、じっさいの気温よりも体感的には寒く感じることでしょう。

日中は、服装は男性はインナーと長袖がちょうどよいくらい。ですが、ときにはパーカーやジャージなどを羽織る必要がでてくるほど寒いことも。下は長ズボンを常時着用するのがおすすめ。女性の場合はワンピースやノースリーズでは寒いと思います。ちょっと厚手の格好をしておきましょう。

ハノイ大教会周辺にて

この寒くなる季節のハノイの気温を読むのはなかなか困難なこと。そのため、着脱可能な重ね着を用意するのがおすすめ。日本からコンパクトにたためるダウンジャケットなどを持ってきておくと重宝します。また、南部ホーチミンとは気温が逆転するため、他の東南アジア諸国のような「乾季=暑い、雨季=気温が下がる」とは真逆となるのもハノイでは注意。

雨季でのハノイでの服装

ハノイ旧市街の路地裏にて

雨季は5月から10月。雨季のはじまりの5月くらいから、気温が徐々に上がってきます。

もっとも暑いのは6月から8月。この時期には最高気温は33℃前後にも達します。日中は汗ばむ陽気が続くでしょう。そのため男女ともに、半袖や短パン、タンクトップ、ノースリーブスカートといった涼しい服装で観光できるのがこの季節。

ただし雨季なので、1日数回スコールが降ることも。長い時間降るわけではないのですが、ときには道路が冠水することもあります。また湿度もぐぐっと上昇。さらに10月は、台風のシーズンになるので注意が必要です。

シクロに乗ってハノイ市街地を散歩

この頃のハノイは日差しが強い季節。そのため、帽子や日傘を持参するのがおすすめです。帽子は現地で購入する場合、ベトナム伝統の麦わら帽子「ノンラー」を。この地域の気候に適した構造になっているので涼しく過ごせます。お土産にもなるのもおすすめポイント。

ハノイに行く際は、現地の天気や気候を確認しよう

ハノイ旅行のおすすめの服装を、季節ごとにご紹介しました。南北の長い国土を持つベトナム。その北部にある街・ハノイに四季があることに驚いた人もいるのではないでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

季節に限らず、ホテルやレストランなどの冷房が効いている場所では夏でも羽織れるものを準備しておくと便利。また、寺院に観光に行くさいには、あまり露出しない服装を心がけましょう。ときには入場を拒否されることもあります。

ハノイ旅行をぜひ、ベストな服装で楽しんでください。

関連記事

8

country

Top
Copyright © TABISPA.,Ltd. All Rights Reserved