ベトナムのハノイ、ダナン、ホーチミン、カンボジアのシェムリアップにあるスパの予約専門サイトです。
ツアー予約とレストラン情報も満載!

ベトナム旅行のお土産に特産品の蜂蜜を買おう


ベトナム旅行のお土産に特産品の蜂蜜を買おう

あまり知られてはいませんが、ベトナムはアジアの中では最大の蜂蜜消費量を誇る蜂蜜大国。日本では蜂蜜よりもメープルシロップを使う人が多いですが、料理やティー、コーヒー、生食なと使用する幅が広いのは、断然蜂蜜の方。何よりも、無添加、無加工、加熱処理されていない「生はちみつ」は、あのクレオパトラも愛していたと言われる栄養満点の完全食品。日本では手に入れることがほぼ不可能です。

そんな非加熱の生はちみつを、ベトナム旅行のお土産に持って帰ってはいかがですか。

ベトナムの全国各地の養蜂場

ベトナムの養蜂場

ベトナムには全国3万(その内本業は6000戸)の養蜂場があります。日本はわずか3000戸なので、その規模ははかり知れません。蜂蜜を作る農家のほとんどは果物栽培と兼業しているため、蜂蜜(はちみつ)も果物由来となるのが特徴。

日本は養蜂場が小さいので、いろんな花の種類が混じった百花が普通です。一方ベトナムでは70~80%が単一種の蜂蜜(はちみつ)なので、味がはっきりしていることが挙げられます。

ベトナムの蜂蜜はどんな種類がある?

おいしそうな蜂蜜

東南アジアのベトナムは、日本では見ることのない南国果実を多く栽培できます。旅行者もさまざまな果物を現地で食べることを密かに期待しているのではないでしょうか。その中でも蜂蜜として美味しいと評判が高いのがいくつかあり、いずれもその地域の特産品として現地人に知られています。

少し例を挙げれば、北部では「ミント」、「ライチ」。中部は「コーヒー花」、南部は「リュウガン」、「ランブータン」、「アボカド」、「ドリアン」など。ベトナムで唯一熱帯気候に属する南部が取り分け蜂蜜(はちみつ)の産地が多いようです。

お土産としての蜂蜜事情

リュウガンの蜂蜜

しかし、一方で気になる点も。それは、「旅行者がお土産に買っていける蜂蜜(はちみつ)がない」ということです。スーパーで買える蜂蜜は熱処理されていて大事な栄養素がなくなっていますし、大量生産用に百花蜂蜜を用いているので、日本で買うのと変わりありません。また、お土産らしいラベルや包装でもありません。

また、ホーチミンで一番人気のメコンツアーでは蜂蜜の養蜂場を訪れ、生はちみつをお土産に買うことができますが、ミネラルウォーターのペットボトルを使いまわしていたり、蜂の死骸や蟻が混入していたりと、とてもお土産に買っていけるものではありません。

大人気の特産品ブランド「ユーゴック」で蜂蜜(はちみつ)を買おう!

ユーゴックのトップページ

ベトナム各地の特産品を旅行者用のお土産にして販売する「ユーゴック(YUGOC)」は、ベトナム人女性がホーチミンで立ち上げたローカルブランド。現在ではガイドブックや観光情報サイトに紹介されたりと大きな話題となっています。そのユーゴックが販売する蜂蜜(はちみつ)は、旅行者が待ち望んでいた「非加熱の純粋生はちみつ」。コーヒー花、ランブータン、リュウガン(2018年12月時点)の3種類を販売しています。

ユーゴックの生はちみつ

日本人旅行者向けに日本語対応のネット注文サイトがありますが、実際手に取ってみたいという人に向けて、ドンコイエリアやベンタイン市場エリアの雑貨店とスパにて販売も行っています。ネット注文であれば、時間指定で宿泊先ホテルまでデリバリーしてくれるのが大きな魅力。

また、蜂蜜やそれ以外の商品もすべて、ベトナム旅行のお土産らしい、南国感溢れるデザインのギフトボックスに詰めてくれるのも嬉しいポイントです。

タビスパをご利用いただいたお客様限定で10%オフ!

タビスパをご利用いただいたお客様限定で、ユーゴックの商品10%割引のキャンペーンを実施中。ネット注文に限りますが、注文フォームの備考欄に「タビスパ予約済」と記載すれば、ユーゴックの担当者が確認し、10%オフの価格で購入することができます。是非ホーチミン旅行のお土産はユーゴックで!

>>ベトナムの特産品を買うなら「ユーゴック(YUGOC)」

関連記事
22

スパ知識

24

国情報

26

旅行の準備

6

ツアー&エンタメ

17

gift

Top
Copyright © TABISPA.,Ltd. All Rights Reserved