スパ予約と観光情報の「タビスパ」-ホーチミン、ハノイ、ダナン、シェムリアップ

シェムリアップのスパで注意すべきトラブルと解決策


シェムリアップのスパで注意すべきトラブルと解決策

シェムリアップは日本よりも物価が安く、マッサージやスパも気軽に受けることができます。また、観光都市であるシェムリアップの治安は、首都のプノンペンよりは良いと言われていますが、それでも盗難やスリなどの軽犯罪は多発しています。

旅行者なら遺跡巡りのついでにスパも受けたいところ。しかし、スパの中には悪質なお店があったり、サービスが著しく悪いお店も多々あります。そこで、今回は、シェムリアップでスパを受ける際に、気を付けたいトラブルと、その対策をお届けします。

シェムリアップのスパに多い「盗難」

シェムリアップのマッサージ店

シェムリアップのスパで1番起こる可能性が高いのが盗難です。スパの最中は財布などの貴重品はロッカールームに預けるか、もしくは手元に置いておくことになります。しかし、内部のスタッフがマスターキーを使って鍵を開ける可能性もありますし、仮に財布を手元に置いておいても、眠ってしまったり、うつ伏せになっていると、その隙をやられる可能性があります。

観光客はお金を持っていると思われ狙われやすいです。特にiPhone は価値が高く盗まれやすいので注意が必要です。なくなったものは警察に駆け込んでも返って来ませんので、事前の対策が不可欠。

解決策

大きい金額のお金は財布の中に入れないようにしましょう。自分の手元に置いておく場合も常に目を光らせておき必要があります。iPhoneなどのスマートフォンは、できるだけ持ち込まないように。また、ロッカーに入れる場合は、何かしら盗難対策を講じているスパでのみ預けましょう。スパルームの中にセキュリティBOXがある場合はそちらを使うようにして下さい。パスポートや大金は持ち歩かず、ホテルのセーフティボックスに預けておいた方がいいでしょう。

スパのセラピストが高額チップを要求してくる

お金の写真

シェムリアップのスパで働くセラピストの大きな収入源になっているのが、チップです。チップは日本人には馴染みのない文化なので、相場が分かっていないと言われるままに払ってしまう人もいます。質のいいお店では、教育も行き届いているので、高額チップを要求する場面はほとんど見かけません。

解決策

チップの相場はパブストリートにあるような安マッサージ店で3ドル程度。タビスパで紹介しているような、しっかりとしたスパで5ドル程度をわたしてあげるといいでしょう。チップは気持ちなので、良くして貰ったと思ったらもう少し多くあげても構いません。一方で納得できなかったり、サービス以上のチップを求められたら拒否しても大丈夫です。もしセラピストが執拗にチップを要求してきたら、レセプションのスタッフにクレームをつけましょう。レセプションスタッフはマネージャーですので、セラピストよりも権限が上。きっと旅行者の味方になってくれるでしょう。

シェムリアップのスパにありがち。「ぼったくり」料金

お会計のイメージ写真

安いと言われて入ってみたのに、セラピストが追加オプションを勧めてきたり、勝手に延長して、支払いの時に最初に聞いていた金額と全く違うといったトラブルも報告されています。マッサージ中にセラピストに話しかけられて、よく分からずに相槌をうっていたら、追加オプションだったという事もあるので、会話にも注意が必要です。

また、メニューを選んだあとにサウナやジャグジーに促されて、知らずにサービスを受けたら、会計のときにこれらのサービス料金も加算される、といったケースもあります。

さらに悪質なお店では、事前にネットで店舗情報やメニュー料金も調べて行ったにもかかわらず、実際現地でメニューを選ぶ際は、2倍から3倍値上がりしていることもあります。これは、相手をみてぼったくりできそうなお客に渡すぼったくり用のメニュー。ろくなお店ではないので、その後謝罪されて正規のメニューを渡されたとしても早々に店を出ましょう。

解決策

まずは、メニューにしっかりと料金が明示されているか確認しましょう。サービス料や税金がそれぞれかかる可能性もあるので、そちらも注意が必要です。口頭での金額交渉は後で言ってないと言われたら、支払いも難しくなります。それとマッサージの相場を知っておくことも大切です。マッサージだけだと6〜10ドル、スパだと70〜150ドル(パッケージ)が相場です。できれば飛び込みでお店に行かず、行くお店を事前に調べておき、金額や評判を知っておいた方がいいです。お気に入りのスパを見つけて予約して行った方がいいです。また、タビスパでは金銭トラブルを避けるため、シェムリアップの掲載店舗の中にはクレジットカードによる事前決済も導入しております。

シェムリアップのスパのセラピストは英語も通じない

マッサージをしている写真

ローカル色が強いお店ほど日本語はもちろんのこと、英語すらも通じないときがあります。セラピストとのコミュニケーションが取れないと、スパを受けている最中もリラックスすることができません。もっと強くしてもらいたいときや、痛いのでゆっくりしてもらいたいことを伝えたいのに理解してもらえないのは辛いです。

また、ホットストーンマッサージは石が熱すぎた場合や、刺激が強い時にもちゃんと伝えないと、マッサージに来たのに身体を痛めてしまいます。

解決策

お店に入る前に日本語対応や英語対応してるか確認して選ぶといいでしょう。英語が伝わらなくても、簡単なクメール語は覚えておくかメモを持って行くと、要望も伝わりやすいです。携帯の翻訳機能も役に立ちます。

シェムリアップのパブストリートに多い、スパの強引な客引き

シェムリアップのパブストリートのマッサージ店

シェムリアップのパブストリート(ナイトマーケット)には、たくさんのスパやマッサージ店が並んでいます。外にあるメニューを眺めてただけでも店の中へ連れて行こうとする強引な人もいます。トゥクトゥクの運転手がお店と手を組んで勧誘してくる事もあります。そのよう誘われて入るスパやマッサージ店は、何かしらのトラブルがつきものです。

解決策

パブストリートには安マッサージしかありません。あまりに強引な客引きがいるお店は要注意です。しっかりと「ノー」と言って断りましょう。彼女たちも粘るでしょうが、怪しいと思ったら入らないのが、一番です。

シェムリアップでスパを選ぶとき

30分程度フットマッサージを楽しみたいということであれば、パブストリートのマッサージ店でもいいでしょう。しかし、きちんとした“スパ”を満喫したいのであれば、ガイドブックや現地情報サイトに紹介しているような、高級スパを選ぶといいでしょう。ガイドブックや旅行会社、当サイトのタビスパが紹介するようなスパは、いずれも日本人旅行者に人気かつ信頼できるお店だけを掲載しています。是非参考にしてください。

>>シェムリアップのスパ一覧

関連記事

24

国情報

26

旅行の準備

4

お土産

6

ツアー・エンタメ

23

massage-spa

Top
Copyright © TABISPA.,Ltd. All Rights Reserved