ベトナムのハノイ、ダナン、ホーチミン、カンボジアのシェムリアップにあるスパの予約専門サイトです。
ツアー予約とレストラン情報も満載!

目次


シェムリアップの最古のアンコール遺跡「プリアコー(ロリュオス遺跡内)」


シェムリアップの最古のアンコール遺跡「プリアコー(ロリュオス遺跡内)」

カンボジアのシェムリアップ遺跡といえば、アンコールワットやアンコールトムですよね。けれども、それよりも古い時代の遺跡が、近郊にあることをご存知ですか?そこはロリュオス遺跡群と呼ばれていて、かつてハリハラーラヤという王都が栄えた場所です。

そして、その古の王都にはじめて建設されたヒンドゥー教寺院が「プレアコー(Preah Ko)」です。ここでは、歴史あるプレアコー寺院の特徴や見どころをご案内いたします。

パブストリートからトゥクトゥクで40分。ロリュオス遺跡内

アンコールワットよりも古い時代の遺跡「プリアコー」があるのは、シェムリアップ市街地から約16kmほど東に行ったところ。トゥクトゥクで約40分程度で到着します。ツアーや車をチャーターすることもできます。プリアコーはアンコール遺跡共通入場券で見学することが可能です。

アンコール王朝最初の寺院「プリアコー」

「プリアコー」は、アンコールワットやアンコールトムがあるアンコール遺跡群よりも前の時代につくられた、ロリュオス遺跡群のひとつ。879年、王都ハリハラーラヤに最初に建設されたヒンドゥー教シヴァ派の寺院です。同じくロリュオス遺跡群のひとつバコンという遺跡の北部に位置しています。

この「プリアコー」という寺院は、インドラヴァルマン1世によって、ジャヤヴァルマン2世をはじめとした先祖を祀るために建造された菩提寺。

「プリアコー」とは“聖なる牛”を意味しています。この名前は、中央祠堂の前にある3体の聖なる牛ナンディン像に由来しているのだとか。ナンディンは、ヒンドゥー教でシヴァ神の乗り物とされている牡牛のこと。シヴァ神を祀る寺院の前に祀られているのが一般的です。

美しいレリーフや神々を祀る祠堂が見どころ

「プリアコー」の敷地は、東西に約500m、南北に約400mの環濠に囲まれています。かなり損壊がすすんでいますが、6基の祠堂には、美しい漆喰のレリーフが残されています。これらの繊細なデザインのレリーフは、この遺跡の見どころのひとつ。

また、環濠の内側は、さらに2重の周壁で中央の基壇が囲まれていました。ですが現在、その大部分が崩れさった状態です。中央の基壇のうえには横に3基ならんだ祠堂が2列で合計6基の祠堂が建てられています。そして、この中央の基壇を中心にして、東西には塔門が配置されています。

もっとも高い位置にある全面中央の祠堂は、クメール王朝の創始者・ジャヤヴァルマン2世に捧げられたもの。それぞれの祠堂は、神格化された3人のインドラヴァルマンの祖先とその妻たちに捧げられています。

中央祠堂には、クメール王国の創始者・ジャヤーヴァルマン2世がシヴァと合体したパラメシュヴァラ。南側の祠堂には、インドラヴァルマン1世の父・プリティヴィンドラヴァルマンを神格化したプリティヴィンドレシュヴァラ。北側の祠堂には、母方の祖父の化身・ルドレシュヴァラ。

また、その後方にある小さい3基の祠堂は、それら3人の妻に捧げられたものとなっています。

1000年以上の時を越えて。その目に古き寺院を焼きつけよう

アンコール遺跡群よりも前の時代のロリュオス遺跡群のひとつ「プリアコー」。アンコール・ワットができるずっと前から栄えていた時代、ここではさまざまな人びとの営みが繰り広げられていたことでしょう。ぜひこの遺跡をじっさいに訪れてみて、そんな古の時代の光景を想像してみてはいかがでしょうか。

観光情報

プリアコー(Preah Ko)
住所:Preah Ko(Roluos Group)  Siem Reap
営業時間:7:30〜17:30
アクセス:パブストリートからトゥクトゥクで40分

関連記事

21

レストラン&カフェ

20

現地ガイド

15

観光エリア

14

tourist

tourist-attraction

Top
Copyright © TABISPA.,Ltd. All Rights Reserved